13の価値観から選んだ今の価値観は仕事を辞めろと言っていた

スポンサーリンク




 

こんにちは、うんさんです。

今日は、「価値観」についての話です。

価値観というのは、あなたが何を大事だと思うかという判断のことで、
人それぞれ、今までの経験や環境によっても変わってきます。

価値観の違いによって「他人と対立してしまった」というのもよく聞きますよね。
それだけ、価値観というのは人との付き合い、行動に影響を及ぼすってことです。

そんな価値観ですが、あなたは自分の価値観を把握していますか?

自分の価値観を知っておくと、
ビジネスの進め方や目標もわかってきます。

また、価値観は経験や環境によっても変わってくるので、
昔の価値観と、今の価値観が変わっているかもしれません。

定期的に、自分の価値観について考えてみると新たな発見がありますよ。

価値観を知れば行動がわかる

「今の価値観」に興味があれば、そんなに時間もかからないので
一度調べてみるといいと思います。

 

僕は、半年ほど前に「価値観のワーク」という方法で、
今の自分の価値観を確かめてみたことがありました。

その時の僕の価値観の上位3項目としては、

  1. 成長
  2. 自由
  3. 金銭

という、結果でした。

他にどんな項目があったかというと、こちらの全13項目です。

↓ ↓ ↓

承認 名誉 成長 信頼 達成
金銭 自由 安心 貢献 挑戦
責任 完成 自律

 

価値観の調べ方

調べ方はいたって簡単で、
この13項目をひとつずつ勝ち残り形式で脳内で戦わせるだけです。

こんな感じです。

「承認」と「名誉」だとどっちが大事だろう?

「承認」かな~。

「承認」と「成長」だとどっちが大事?

「成長」でしょ!

「成長」と「信頼」だとどっちが大事?

ん~、「成長」かな!

これを続けていくと、この中から最も大事な価値観がわかります。

次は、最初に見つかった最も大事な価値観を項目から外し、
残りの12項目で戦わせます。

この繰り返しをすることで、13項目がランキング順に並びます。

僕の場合は、その結果「1,成長 2.自由 3.金銭」となったわけです。

価値観と行動の比較

さて、こうして自分の価値観がわかったわけですが、
今現在の行動と比較してみてどうでしょう?

例えば、僕は何より「成長」することが大事だと思っているということです。

だったら、こう自分に質問してみる
昨日の自分より、今日の自分は成長していますか?
ここで、「何も変わってない!!!(;゚ロ゚)」となるとアウトです。

自分の価値観をないがしろにした行動をとっているということです。

ちなみに、最近僕が気になっている方で、
日本十種目競技でも有名な武井壮さんという方がいます。

武井さんの言葉は一つ一つ重みがあって、
かつ有言実行感がひしひしと伝わってくるので好きです。

武井壮さんは、「毎日成長」を常に意識されているそうで
どんなに時間がなくても、

  • 毎日筋トレをすること
  • 昨日まで知らなかった知識を一つ蓄えること

この2つを常に実行しているそうです。

こんな風に、昨日より成長している自分になることを「意識して」毎日過ごすべきですね。

仕事と価値観について考える

では、今の僕の仕事がこの価値観と合っているのかということを考えてみます。

今の仕事というのは、ネットビジネスではなく本業の会社員の方です。

今の会社で働くことは、成長につながっているか?

ここで勘違いしてしまいそうなのが、仕事ができるようになってきていることを「成長」だと思ってしまうこと。

確かに、成長といえば成長ですが、それは本来の目的の成長ではありません。

今の仕事にしか使えない知識やスキルをいくら構築したところで、

クビ切られたらどーすんのよ?

そこに掛けてきた時間って無駄じゃない?

ということです。

昔の話ですが、僕がビアホールでアルバイトをしていた頃、
ビールジョッキをどれだけ早く洗うことができるか
に全力を注いでいたことがあります。

ビールジョッキの取り方、洗い始めのポイント、手の動かし方、
そのひとつひとつを研究して、結果的にかなり早く洗えるようになりました。

早く洗えるようになったことは、自分の自信にもつながり
いつでもこーい!!状態にもなっていたのですが、

それまでの努力も自信も、1年ほどで崩れることになったのです。

というのも、配属の支配人が代わったことで、
今まで手作業だったビールジョッキ洗いも、
最新型のジョッキ洗浄機が導入され自動化されたのです。

手作業とは比べものにならないくらいのスピードで、
かつピカピカの状態で仕上がってきます。

仕事は少なくなったので良かったのですが
「ああ、今までの努力は・・・」と感じましたね。

新しい支配人は、前の支配人とは違う経営者思考を持っていたということですが、
それにより僕は、自信の一つを失いました。

自分の成長が、全くの無意味になってしまったわけです。

今の仕事に置き換えてみるとどうでしょう。

やっていることは、自分にしかできない仕事なのでしょうか?

将来的にも価値のある成長ができているのでしょうか?

 

今の会社で働くことで、自由になっているか?

これは速攻で答えられます。

答えはNOです。

自由といっても意味合いは多いと思いますが、
ここでは3つ!

  1. 時間的自由
  2. 金銭的自由
  3. 健康的自由

とりあえず、この3つに関して考えてみます。

1.時間的自由

もちろん仕事なので、自分の時間を費やすのは当たり前と考えます。(今はその考えも少なくなりましたが)

ただ、仕事にどれだけの時間を費やすかによって、自由に感じるか、不自由に感じるかが分かれますよね。

「一日12時間労働、週に1日の休み」こう聞くとゾッとします。

「一日8時間労働、週に2日の休み」これは一般的ですね。

「一日3時間労働、週に5日の休み」これは理想ですねー。

これには、割と同感していただけます?

で、僕の場合はというと

「一日11時間労働、週に1日~2日休み」という感じです。

最近は自分の休みはしっかり休む!!と意識してはいますが、

営業職ということもあり、休日出社も多かったりしますし、
もちろん、定時で帰社できることなんてありません

要するに、「時間的な不自由さ」を感じているわけです。

2.金銭的自由

最近は、お金の使い方を改めたことで無駄な出費(浪費・消費)は少なくなり、
投資(知識・情報など)に費やしています。

ただ、今の生活を考えると金銭的自由を感じるというには
まだまだぜんっぜん足りません。

もともと物欲があるタイプではないんですけどね。
もっと色々な情報を知ったり、体験したりしたいなーーーと目論んでるわけです。

例えば、海外に行ってみたり・・・

でも、これにはやっぱりお金という問題が・・・

結局のところ、

「お金がないから、やりたくてもできない」

という状態にあるから、「金銭的自由」は無いんです。

よく、ビジネスで成功している人達が、
凡人には手の届かないくらいゴージャスな食事をしていたり、
超絶綺麗な景色を楽しめる海外へふらっと行ったりしていますよね?

彼らにとっての一つのブランディングかとは思いますが、
やっぱりそういうのには、憧れますよ。

3.健康的自由

健康的な自由というと、

  • 病気にならない。
  • けがをしない。
  • 健康的な食事をとる。
  • しっかりと睡眠をとる。
  • 適度な運動をする。

ぱっと思いつく限りでは、こんな感じでしょうか。

今の仕事をしていて、時間もお金も足りないと感じていますが、
かろうじて確保されているのがこの「健康的自由」です。

これは、僕に健康管理の知識をたたき込んでくれた妻に感謝です。

以前は、手洗い・うがいも当たり前にできなかったですからね。

食べるものだって、以前は添加物だらけの外食が中心だったものが
今ではほぼすべてが手作りの料理に変わりました。

仮に僕が独身で一人暮らしなんてしていたら、
とっくに餓死していたか、過労で倒れていたかもしれません。

 

今の会社で働くことで、お金が稼げているか?

先ほど、「金銭的自由は無い」と話しましたが、
ここではもう少しお話してみます。

僕は、今までずっと稼ぐ金額の基準を周りと比較して考えていました。

どういうことかと言うと、要するに

世間の平均年収と比較してしまっていた

ということです。

この考えは正直言って、とても危険です。

例えば、

「統計によると、上場企業に勤める30歳の平均年収は450万円。」

というデータを知ったとき、

そのデータと自分の年収を比較してしまうのです。

もし、30歳の自分の年収が400万円だったとすると、
その足りない数字分を埋めようと頑張りますが、

逆に、自分の年収が500万円だっとすると、
平均越えしている自分に安心してしまったりしませんか?

これはもう、完全に成長思考の停止状態に陥っています。

仮に今が同世代の人たちより稼いでいたとしても、
5年後10年後も同様な推移になっているかなんてわかりません。

そもそも、この平均年収の計算には起業家や投資家といった
群を抜いて稼いでいる人たちは一切入っていないはずです。

つまり、いわゆる社畜と言われる集団の中での平均年収なわけですよ。

その中だけで比較された数字を手本にしてていーのって話です。

僕の本心ですが、今となってはお金の稼ぎ方の本質を知ったので
会社員として働くには何かお金以外の魅力を見出せないと
続けられないと思っています。

まとめ

ここまで、僕の価値観と仕事についてお話してきました。

そこで気がつくこととしては、

  • 成長
  • 自由
  • 金銭

この3つが、大事だと思う価値観のトップ3なのに!!!

仕事では自分の価値観をないがしろにしているということです。

会社員として、時間の大半を「仕事」に費やすことになる人生を選択したというのに、
その仕事では自分の価値観を殺してしまっているのです。

なんという無駄な行動。

価値観は変わるものなので、もしかすると半年後、1年後には、
この働き方がベストなんだという価値観に変わるかもしれませんが、
可能性は限りなくゼロに近いと思います。

なぜなら、それは、ネットビジネスの本質を知ったから。

元からこの価値観が僕にあったのか、
それともネットビジネスを知ったからこの価値観となったのか、

そのあたりの判断はできませんが、

とにかく、「成長・自由・金銭」この3つを生かしていくには、

ネットビジネスが最強だと思っています。

 

要するに、早く仕事をやめろってことですね。
(そう、価値観は示しています)

今日は、自分の価値観についてばかりお話してしまいましたが、
少しでも共感していただけるところがあればなと思います。

それでは、うんさんでした~。

 

 

スポンサーリンク



4 件のコメント

  • こんにちは。

    価値観の調べ方も、
    自由、お金のことも、
    自分に当てはめて考えることができました!

    本業でマイナスに感じていた部分を、
    将来的な価値を考えたときに、
    あぁコレは成長できることなんだ!と思うことができました。

    ありがとうございます(^^)

    応援していきます♪

    • 桐島あいさん、こんにちは!
      コメントありがとうございました!!
      本業にも置き換えて考えていただいたようで、
      記事を書いてよかったと思えました。
      ありがとうございます^^
      応援の方もありがとうございました。

  • アキモトといいます。ランキングからきました。
    価値観、すごく大事ですよね。
    僕は40歳ですが、35歳になるときまでは、昨日より今日成長していないと
    生きてる意味がないと強く思っていました。
    今は、少しだらけてしまってますが・・・
    とても共感しました。
    また、よらせていただきます。

    • アキモト様、はじめまして!
      たまにはだらけるのもアリじゃないでしょうか。
      ずっと突っ走るのも疲れますからね。
      共感ありがとうございました!
      是非またお立ち寄りください(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です