記事の書き方を小改善してみた

スポンサーリンク




こんにちは、うんさんです。

今まで数記事書いてきて思ったことですが、

「ブログの記事を書くのって難しい!!」

「テーマを考えるとかそういった次元の話ではなく、
そもそも読みやすい文章を作ることが難しい!!」

前回の記事を妻に見てもらい、点数を付けてもらったところ、
まさかの『15点』でした^^;(もちろん100点満点中)

学生なら赤点確実、再テストです。

まさかの低得点に悲観しつつ、
改めて前回の記事を見直してみると
確かに“つまんねー記事”でした。

なんというか、読みづらい
そして最後まで読めない

そんな記事です。

どんな記事か気になる方は、是非見てみてください(笑)
憧れと気づきが物事を始めるきっかけとなる

 

ね、つまんないでしょ?

全体的に固いし、まるで教科書を読んでいるような文章。

こんな文章を最後まで読んでくれる人は、妻くらいですかね。
(もしかすると、妻も全部読んでいないかもしれませんが・・・)

 

で、何が言いたいのかと言うと、

読みやすさを心がけよう!

ということ。

 

どんなに内容のある文章が書けたとしても、
文章が読みにくいとすぐにページを閉じられてしまいます。

ほんの数秒で『戻る(←)』とか『閉じる(×)』とかクリックしますよね。

読まれない記事は無いも同然。

 

そこで、どんな記事が読みやすいのかというのを改めて復習してみると、

いろいろポイントはあるものの

“自分の言葉で記事を書く”

というのが一番のポイントだと思いました。

(知ってはいても、なかなか出来ないのですが・・・)

 

とにかく、知っているだけで結果に繋がらないというのは
やっていないことと同じなので、

まずは意識して、どうにか結果に繋がるよう改善してみます!

 

ということで、今回の記事はそういう意識で書いてみたので、
前回の記事よりはちょっぴりでも良くなったでしょうか、、、ね?

ちなみに、自分の言葉で記事を書くとき、
具体的に僕が意識してみた改善箇所は、

「文章をやや崩して書く」

まずは、これくらいです。

考え方としては、誰のためのブログなのかってこと。

別に、小論文の試験をやっているわけじゃないんだし、
会社の上司に提出するレポートでもないんだし、
もっと自由に書いてみようよ!という感じです。

こんな感じで慣れてくれば、次はまた違うポイントを改善して
徐々に面白くて読みやすい文章作りを心がけていきます。

それでは、うんさんでした。

 

スポンサーリンク



8 件のコメント

  • こんばんは

    初めて訪問しました。

    見てたら目に止まり読み切り
    興味シンシン 過去の記事も今から拝見します

    • 読み切っていただきありがとうございます!
      過去記事は内容も文章もまとまっていなかったかと思いますが、
      読んでいただき嬉しいです。
      またちょくちょく更新しておりますので、お立ち寄りください^^

  • はじめまして。

    ブログランキングから来ました。

    いい内容の文章がかけても、読みづらかったら最後まで読んでもらえないかもしれないですね。

    ポイントは、読みやすくそして自分の言葉で書く事なんですね。

    「文章をやや崩して書く」

    いい考えだと思います。

    意識して実践してみようと思います。

    応援も完了です。

    • 読んでいただいて初めて内容が伝わるので
      まずは最後まで読んでいただけるような文章を
      心がけていきたいと思っています。
      応援ありがとうございます!

  • 読みやすく、分かり易くライティングするのは非常に難しいです。読みやすい言葉、自分の言葉で書かくことを肝にし、数稽古に努めます。応援して帰ります。

    • 分かり易いライティングが出来るようになるには、
      経験の積み重ねでしょうか。
      文章の上手な人のブログを研究したり、本を読んだり、
      写経したり・・・
      僕も頑張ります!
      応援ありがとうございました!

  • こんにいは。ともちんと言います。
    難しいですよね。
    でも15点は酷いかも(^^)
    誰のためのブログで何を伝えたいのか。
    忘れずに継続していきたいですね。
    その後の経過も、また記事にお願いしますね。

    • コメントありがとうございます。
      15点はショックでした^^;
      でも改めて見てみると、確かにって思いますね。
      また引き続き訪問していただけると嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です